林秀靜
中国卜筮星相学研究家。幼少の頃から光の体験など、多くの神秘体験を重ねる。 インド哲学、仏教、道教、神道などを通じて、多くの優れた書物や師との出会いによって啓発され、神秘体験の真実の意味を知るようになる。1973年頃より、東西の占術全般を幅広く学習する。 今日、日本と台湾・香港を比べて、日本に中国占術の良書があまりに少ないのを憂い、「原書に優る良書無し」と叫び続けて十数年、伝統的中国卜筮星相学を標榜する立場にある。 →スマホ占いコンテンツ:4人の女占術家(docomo・au・SoftBankでお楽しみいただけます!)   →占い師/コラムニスト一覧へ
林秀靜の記事一覧