「自分に自信がなくて、恋愛に踏み出せない」「気になる人はいるけど、私なんかじゃ相手にしてもらえないよね」。

そんな風に考えて、恋愛に臆病になっている女子は多いのではないでしょうか?

 

ミチカさん(仮名)もそんな自己肯定感の低い女性のひとりでした。

「私は容姿がいまいちだから」と、顔にもスタイルにも自信がもてなかった彼女ですが、あることをきっかけに、自信を得て、高嶺(たかね)の花だと感じていたイケメンから想いを寄せられるまでになったとか。

 

今回は、そんなミチカさんのサクセス・ストーリーをご紹介していきます!

 

憧れの彼は、職場のアイドル。「私なんかが」と思っていたけど

 

恥ずかしい話ですが、30歳になるまで、私は彼氏がいませんでした。

中高は女子校だったから、と言い訳できたのも20代半ばくらいまでですかね。

 

20代後半になると、私に彼氏ができないのは別の理由があると思い始めるようになりました。その理由とは、私の顔です。

 

自信ない

 

私は鏡を見るのが嫌いでした。だって、鏡にうつる女性の顔は、雑誌にのっているモデルさんや女優さんの美しさとはかけはなれていましたから。

「私は綺麗じゃない」そんな思いが常につきまとい、何事にも自信が持てずにいました。

 

そんな私が変わりたいと思えたのは、新入社員の彼に出会ってからでした。

 

新入社員

 

彼は、大学院を卒業したばかりの25歳。爽やかなルックスで、誰にでも平等に優しい彼はすぐに職場のアイドル的存在になりました。

 

気になるけど、私には手の届かない存在、そんな風に最初は思っていましたが、同じ部署で、一番かわいい女子社員も彼に思いを寄せていると知り、いてもたってもいられなくなりました。

 

今ここで、何もせずにいたら、彼はあの子と付き合ってしまうかもしれない。そんなのは嫌だ、でもどうしたらいいんだろう。そう悩んでいたときに、友人から勧められたのが、「人生真眼」でした。

 

アドバイスを実行していくうちに、どんどん自信がついてきた。私、変われるかも!

 

占いなんて、と最初は半信半疑ですが、藁にもすがる思いで、メール占い「人生真眼」を試してみました。

 

メール

 

占い師の先生は、私に課題を出してきました。「○日に、彼に一言、あいさつしてみて」とか、「自分が一番魅力的に見える服を買ってみて」とか。

私は、先生のアドバイスを次々と実践していきました。

 

そうしているうちに、彼と話せるようになり、自然に距離が近づいていきました。

先生のアドバイスを実行していくうちに、自分が前向きに変わっていくのを感じました。

ふと鏡を見た時に、「私って、けっこういいかも」と思えたときは、涙が出るほど嬉しかったです。

 

鏡

 

先生のアドバイスを実行し始めてから1ヶ月後、「彼と休憩の時に少し会話する」という先生からのミッションを遂行しました。

すると、そこで彼から、「今度、休みの日に遊びにいきませんか?」と誘ってもらえたんです!

 

外で遊ぶようになってから、付き合うまでに時間はかかりませんでした。

私が彼に「付き合ってください」と言ったのです。

以前の私なら、彼から告白されるのをウジウジしながら待っていたと思います。

でも、先生のおかげで、彼と一言でも挨拶を交わすきっかけを得たことによって勇気が湧き、その結果片思いを成就させることができました。

 

カップル

 

先生の言葉に勇気を得て、私は変われました。

勇気を出して一歩踏み出し、変われた自分を誇らしく思います。

 

自分を変えたいなら、一歩踏み出そう

 

ミチカさんのように、恋を成就させたいなら、自分を変えるための一歩を踏み出す必要があります。

 

一歩踏み出す手助けとして、「人生真眼」を試してみてはいかがでしょうか?

 

★「人生真眼」初回無料キャンペーン実施中

 

■彼氏いない歴30年の恋愛をしたことがない腐女子が婚活をした結果【PR】
■自分に自信が持てない……あなたの今の状態と原因
■運命の人診断|もしかしてイケメン!? あなたの運命の人の外見