運命の人を信じていますか。大人になればなるほど、「運命の人なんていない」という考えになる方は多いでしょう。

 

美希さん(仮名・30代)もそんな女性のひとりでした。小さいころにセーラームーンが大好きだった美希さんは、タキシード仮面のように、前世からの運命のようなロマンチックな出会いを夢見ていました。でも、実際は30代になっても、出会いはゼロ。それまでおつきあいにいたった男性もゼロでした。

 

そしていつしか「運命の人なんていない」とい考えるようになったのです。今回は、そんな美希さんが、運命の出会いを引き寄せた体験談をご紹介していきます。

 

30年間出会いなし。運命の人なんていない!

 

運命の人なんていない、そう思い始めたのは、30歳になった頃からだったと思います。友人はすでに結婚し始めているのに、私はこの年になるまで、全然出会いがなかったのですから。

 

もし私が、恋人なんていらない、という人間だったら、何も思わなかったと思います。でも私は、そうは見られないのですが、とても恋愛に憧れている人間だったんです。恋をして、運命の相手と結婚したい、そう思っていました。

 

でも、現実に出会いはゼロ。仕事も激務で、家と会社の往復だけで日々がすぎていく。このまま私は老女になって、孤独にひとりで死んでいくのかも。そんな風に思い始めていました。

 

 

運命の人との出会いは○日。この占い、そんなに当たるの?

 

親友の理香子は、私と同じ30歳で彼氏いない歴30年でしたが、そんな彼女にある日いきなり彼氏ができたんです。

 

正直、理香子はずっと私と一緒なんだろうと思っていただけに、ショックは大きかったです。どうやって出会ったのか、と理香子に聞いたところ、「LINEトーク占い」を利用したんだよね、と教えてくれました。

 

聞くと、「LINEトーク占い」は今話題の運命の人と出会える日を教えてくれる占いだとか。理香子はその占いが指定した通りの日に、彼氏との出会いがあったというのです。

 

そんなに当たる占いを聞いたことがなかったので、半信半疑ではありましたが、理香子の強い勧めもあり、「LINEトーク占い」を利用してみることにしました。

 

 

すると、「○月○日、新しい場所で、出会いがある」とかなり具体的な占い結果が出ました。その日付を見た時、正直ちょっとドキっとしました。なぜってその日は、始めての婚活パーティーの予約を入れていた日だったからです。

 

ただ、予約は入れていたものの、キャンセルしようかギリギリまで迷っていました。場違いなんじゃないかとか、どうせ無駄骨だろうというネガティブな気持ちがとまらなかったのです。

 

でも、占い結果に後押しされて、思い切ってパーティーに行ってみることにしました。

 

当日に出会った彼は…

 

当日のパーティーは、男女それぞれ30人ずつという大所帯でした。回転寿司方式で会話していくのですが、あるひとりの男性が私の前に座った時、「あ、この人だ」と思いました。

 

落ち着いた真面目そうな雰囲気で、会話をリードしてくれて、初めてあったのに、懐かしいかんじがしました。

 

その彼とは当日カップリングし、その後、何回かデートをして、お付き合いすることになりました。

 

 

自分でも、スムーズな展開すぎて驚いていますが、「運命の人」だからこそ、こんなにもスムーズにことが運ぶんだろうな、と思いました。あの日、パーティーに行こうか迷っていた私の後押しをしてくれた「LINEトーク占い」には、とても感謝しています。

 

運命の相手を逃したくないなら、驚異の的中率の「LINEトーク占い」を試そう

 

美希さんは「LINEトーク占い」を利用することで、運命の相手との出会いを掴み取りました。

 

自分には運命の人はいるのだろうか?

いるとしたら、いつ会える?

 

などの疑問や不安がある方は、一度「LINEトーク占い」を利用してみてはいかがでしょうか? きっと、意外な運命を知ることができますよ。

 

★「LINEトーク占い」はこちら

 

■【PR】恋人いない歴33年から脱却!高嶺の花の彼と付き合えた方法とは?
■「運命の人」って本当にいるの? 運命の人を見分ける方法まとめ
■目的別!おすすめのマッチングアプリ紹介。恋活・婚活・遊び